女性の抜け毛がひどい原因は?

女性の抜け毛がひどい原因は?

年齢に関係なく、女性で抜け毛に悩んでいる方が増えています。

「このままではハゲちゃう!」

なんて思っている方も多いのでは?

大丈夫ですよ!

抜け毛の原因を正しく知って、ケアをしてあげれば抜け毛を防ぐことができます。

女性の抜け毛の原因を詳しく解説します。

頭皮のケアが必要な抜け毛の症状は?

  • シャンプーをするたびに大量に髪の毛が抜ける
  • ドライヤーやくしでとかした時にも大量に髪の毛が抜ける
  • 分け目が目立つ、地肌が透けて見える
  • 髪を縛った時の毛束の量が少なくなった

このような症状を感じていたら、頭皮のケアをすることをおすすめします。

1年の中で、誰でも抜け毛が増えたと感じる時期があります。

それは、夏の終わり9月~11月ごろで、夏の強い紫外線を受けて秋口に乾燥と紫外線の蓄積で頭皮にダメージをうけてしまうからです。

誰もが抜け毛を感じるこの時期以外にも、抜け毛が多いとなると心配になってしまいますね。

 

では、なぜ抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛の原因に大きくかかわっているのが「女性ホルモン」です。

女性は、40代を過ぎると女性ホルモンが減少してくるので、抜け毛や薄毛に悩む方が増えてきます。

しかし、近年では女性の社会進出が進み、ストレスや生活習慣の変化によりホルモンバランスが乱れ、悩む20代~30代の若い女性にも抜け毛や薄毛に方が多くなっています。

ホルモンバランスが乱れる原因は以下の通りです。

食生活の乱れ・栄養不足・アルコールの飲みすぎ・睡眠不足・運動不足・ダイエット・出産・過食症・うつ病

ホルモンバランスが乱れることにより、ヘアサイクルが短くなり結果、抜け毛が増えてしまいます。

 

その他にも、パーマやカラーリング、シャンプーのしすぎ、誤った化学成分等により頭皮のダメージを招いて毛細血管の血液循環が悪くなることで毛が細くなり、抜け毛が増えてしまいます。

 

女性の抜け毛の原因を大きく分けると

  1. 年齢による女性ホルモンの減少
  2. ストレスや生活習慣の変化による女性ホルモンの乱れ
  3. 出産による女性ホルモンの乱れ
  4. パーマ・カラーリング・シャンプーが原因の頭皮のダメージ

となります。

生活習慣の改善や正しい頭皮・ヘアケアをすることにより、抜け毛を減らすことができますが、症状を悪化させてしまうと脱毛症につながり、重度の場合はクリニックでの治療が必要になることもあります。

 

女性特有の脱毛症とはどのようなものがあるのでしょうか?

女性特有の脱毛症の種類

びまん性脱毛症

頭皮全体が均等に脱毛して毛髪が全体的に薄くなる。

40代以降の女性に多い。

老化やストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアが原因。

牽引性脱毛症

髪の長い女性に多い。

ポニーテールやアップヘアなどで、髪を長時間引っ張る状態が続くと頭皮に負担がかかり薄毛になることがある。

髪の分け目が薄毛になりやすい症状。

脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌で引き起こされる脱毛症。毛根が赤く腫れ、髪が抜け落ちる。

定期的にシャンプーをしなかったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったり、すすぎが不十分だと皮脂が過剰分泌され、皮脂が毛根をふさぎ、髪の成長を妨げるため薄毛になる。

粃糠(ひこう)性脱毛症

フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、髪が成長しなくなることで薄毛になる現象。

シャンプーが肌に合わなかったり、むやみに洗うことで頭皮を痛めてしまうことが原因。頭頂部の頭皮が目立ってくるようになる。

円形脱毛症

突然髪の一部、または数か所抜けて、円形に脱毛する現象。

リンパ球の働きの異常によって起きる自己免疫疾患が原因と考えられ、ストレスやアレルギー疾患などがきっかけとなる。

分娩後脱毛症

出産後に急激に髪の毛が抜け落ちる症状。

妊娠中に、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期になると、排卵の準備を行うホルモンであるエストロゲンなどの女性ホルモンが増加。そのため、成長期であった頭皮が出産後に休止期に入ってしまい、薄毛となる。

 

このように、さまざまな女性特有の脱毛症があります。

女性の場合、男性のようにツルツルにハゲてしまうということはありません。

生活習慣の改善や正しい頭皮・エアケアを日々してあげることで、脱毛症による抜け毛も改善していきます。