抜け毛に効果的なアミノ酸シャンプーとは?失敗しない選び方

抜け毛に効果的なアミノ酸シャンプーとは?失敗しない選び方

アミノ酸シャンプーというのをよく耳にして、気になっている方は多いのではないでしょうか?

アミノ酸シャンプーとはなにか?

抜け毛や薄毛に効果があるって本当?

悪い口コミもあるけど、どうなんだろう?

メリット・デメリットは?

こんな疑問をお持ちの方のために、アミノ酸シャンプーについて詳しく解説します。

この記事を読んで頂ければ、アミノ酸シャンプーについてお分かりいただけると思いますので、参考にしてくださいね。

アミノ酸シャンプーとは?

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーのことです。

さまざまなシャンプーの中で一番、低刺激で頭皮にやさしいが、余分な皮脂や汚れはしっかり落としてくれます。

人間の身体を作っているタンパク質を構成しているのが、アミノ酸です。

身体の60%は水分、残りの40%のうち20%はタンパク質と言われており、タンパク質はアミノ酸でできているので、人間の身体はアミノ酸でできていることになります。

そんなアミノ酸を使ったシャンプーですので、体にやさしく、髪や頭皮への刺激もほとんどないので、抜け毛や薄毛に効果的ですし、敏感肌やアトピーの方にもおすすめのシャンプーです。

アミノ酸シャンプーの成分

アミノ酸系界面活性剤には、いくつかの種類があり、その中で代表的な成分は、ココイル・ベタイン・メチルアラニン・グルタミン酸・ラウリン酸・グリシン・サルコシンです。

シャンプーボトルの背面に書いてある成分表示に、このような成分名が含まれていれば、アミノ酸シャンプーです。

成分表示は、多く配合されている成分の順に記載されているので、一番多い水の次に記載されている成分がアミノ酸系界面活性剤であれば、アミノ酸シャンプーということになります。

代表的なアミノ酸成分の特徴は、下記の通りです。

メチルアラニン系の特徴

弱酸性ですが、洗浄力があり泡立ちも良い洗浄成分です。

代表的な成分はラウロイルメチルアラニンNa。低刺激だが、洗浄力はしっかりあり、サッパリとした洗いあがりなので、頭皮に悩みがある方やふんわりボリュームのある髪に仕上げたい方におすすめです。

メチルアラニン系の成分が配合されたアミノ酸シャンプーは少し、値段が高いのが欠点です。

ココイル系の特徴

洗浄力が高く、弾力のあるきめ細やかでクリーミーな泡立ちが特徴の洗浄成分です。

サッパリした洗いあがりで泡切れもよく、アミノ酸シャンプーで汚れをしっかり落としたい方にはおすすめですが、皮膚トラブルやフケ・かゆみ・匂い、髪のパサつきが気になる方は、避けたほうが良いです。

ベタイン系の特徴

低刺激で洗浄力も高い分類に入りますが、敏感肌の方におすすめの洗浄成分です。

赤ちゃん用のシャンプーにも多く使われています。

他の洗浄成分と組み合わせて使用されることが多く、それにより価格を抑えることが出来ます。

注意したい「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」の違い

「アミノ酸シャンプー」には、3~5種類のアミノ酸成分が含まれていますが、「アミノ酸配合シャンプー」は、洗浄成分に高級アルコール系の界面活性剤や石鹸系の成分を使用して、アミノ酸成分を少し加えているだけのものになります。

パッケージにはアミノ酸シャンプーと記載されいてることが多く、見分けがつきにくいので、ボトルの背面に記載されている成分表示を確認するしかなく、注意が必要です。

見分け方は、「アミノ酸シャンプー」の場合、成分表示にココイルグルタミン酸やココイルアラニン・ラウロイルメチルアラニンNaなどの成分が多く配合されていますが、「アミノ酸配合シャンプー」には、ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホン酸などの高級アルコール系界面活性剤の成分が含まれています。

アミノ酸シャンプーを選ぶときには、成分表示を確認することが大切です。

抜け毛や薄毛に悩む人にはピッタリのアミノ酸シャンプー

販売されているシャンプーは、大きく3つの洗浄成分に分けられます。

「高級アルコール系界面活性剤」「石鹸系界面活性剤」「アミノ酸系界面活性剤」です。

「高級アルコール系界面活性剤」は、ドラックストアなどで市販されているシャンプーに使われているものが多く、洗浄力・脱脂力・殺菌効果が強く、香りも泡立ちも良いのが特徴です。成分表示にラウリル硫酸やラウレス硫酸などと記載されていれば、高級アルコール系のシャンプーとなります。

「石鹸系界面活性剤」は、天然素材で作られていて、無添加ということから人気のあるシャンプーですが、洗浄力が強く髪がキシみやすい、慣れるまで3ヶ月ぐらいかかると言われています。成分表示に石けん素地やカリ石けん素地などと記載されていれば、石鹸系のシャンプーとなります。

一方「アミノ酸系界面活性剤」は、前記で記載した通り、人間の身体を構成している成分と同じアミノ酸で、低刺激だが、洗浄力のあるシャンプーです。

高級アルコール系シャンプーやせっけんシャンプーは、洗浄力が強すぎるため、頭皮のトラブルを招く可能性があり、抜け毛や薄毛に悩んでいる方、フケ・かゆみがある方、頭皮にトラブルがある方には、症状を悪化させる可能性もあります。

頭皮への刺激がほとんどなく、皮膚にやさしいアミノ酸シャンプーがピッタリなのは、このような理由からなのです。

抜け毛や薄毛でお悩みなら、育毛成分が配合されたアミノ酸シャンプーを使用すると良いかもしれません。

アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

アミノ酸シャンプーのメリットについては、今までご説明してお分かりいただけたかと思いますが、改めてメリットデメリットをまとめておきます。

アミノ酸シャンプーのメリット

1・タンパク質を構成しているアミノ酸で作られたシャンプーなので、肌や髪と同じ弱酸性なので、頭皮にやさしい。

2・保湿力が高く、頭皮の乾燥を防ぎ、髪の毛もパサつかない。

3・アミノ酸からできているので、環境にもやさしい。

アミノ酸シャンプーのデメリット

1・原材料が高いため、その他のシャンプーに比べ値段が高い。

2・洗浄力がやさしいため、かゆみなどが出ることがあり、綺麗に洗えていないと感じてしまうことがある。

 

アミノ酸シャンプーは、頭皮や髪を気遣うすべての女性におすすめのシャンプーですが、アミノ酸シャンプーについて知らないまま使用すると、かゆみが出るなどの不満感があるようです。

アミノ酸シャンプーはその他のシャンプーに比べ、洗浄力は弱くなりますが、そこを改善するために、アミノ酸洗浄成分を工夫して配合しているシャンプーもあります。

不満感が出ないように、正しいシャンプーの仕方の記事でご紹介していますが、アミノ酸シャンプーで洗髪する時は少し洗う時間を延ばしてみるのも良いかと思います。

抜け毛や薄毛に悩んでいる人には、高級アルコール系や石鹸系のシャンプーは、悪化する可能性があり不向きです。

できれば育毛成分も配合されたアミノ酸シャンプーがおすすめです。

長く使うことにより、乾燥を防ぎ、髪のパサつきも改善されたように感じると思います。