産後の抜け毛【分娩後脱毛症】の改善方法を紹介します

産後の抜け毛【分娩後脱毛症】の改善方法を紹介します

出産後に髪が抜けるようになった、円形脱毛症のように部分的にハゲができてしまった。

このような症状を、分娩後脱毛症もしくは産後脱毛症と言います。

産後に多く出る症状です。

分娩後脱毛症の原因と対策、改善方法を詳しくご紹介します。

分娩後脱毛症の原因

産後に髪の毛が多く抜けてしまう原因は、ホルモンバランスが崩れてしまうからです。

分娩後脱毛症に大きく影響するホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンが増えることで、髪が抜けにくくなり、髪の毛や体毛が毛深くなったように感じることもあります。

出産後にこの2つのホルモンが急激に減少し、ヘアサイクルが退行期(髪の毛が抜ける時期)に入ってしまい、一気に髪の毛が抜けてしまいます。

ヘアサイクルは、成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返します。

退行期のあと、休止期に入るため、出産後に薄毛を感じることが多いのです。

その他にも、育児の疲れやストレス、食生活や睡眠不足なども分娩後脱毛症の原因になる可能性があります。

分娩後脱毛症の対策

分娩後脱毛症の場合、産後6ヶ月から1年ぐらいで症状が改善されていきます。

ホルモンバランスの分泌量や生活習慣によって個人差はありますが、自然と髪が生えてくるので深く心配することはありません。

しかし、初めての子育てなどで生活リズムを崩してしまったり、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどで悪化させてしまう場合もあります。

産後しばらくは、赤ちゃんのお世話で生活習慣を改善することは難しいかもしれませんが、以下のことを心がけて、抜け毛予防をしてみてください。

食生活の改善

人間の体は日々の食事から出来ており、産後のママさんは授乳などで特に大事になります。日ごろから栄養バランスの良い食事を摂ることが大切ですが、その中に健康な髪をつくるために必要な栄養素ビタミンB群、ビタミンE、タンパク質、亜鉛、鉄を多く摂取するようにしてみましょう。

睡眠不足の解消

赤ちゃんへの授乳などで、なかなか質の良い睡眠をとることは難しいかもしれませんが、赤ちゃんがお昼寝しているときにママさんも一緒に寝るなどして、睡眠時間はとるようにしてみましょう。

ストレスを溜めない

赤ちゃんのお世話で何かと忙しく、ストレスを溜めやすくなることもあるかと思います。ストレスは、頭皮だけでなく体に悪影響を及ぼします。ストレスを感じたら息抜きをする、一人で頑張らずに旦那様にも協力してもらうようにして、ストレスを溜めないように心がけましょう。

分娩後脱毛症の改善策

分娩後脱毛症は、自然と症状が治まってきますが、髪の毛が抜けてしまうストレスや部分的にハゲができてしまったりすると、早く直したいと思ってしまいますよね。

症状が酷かったり、目立つ場所にハゲができてしまった場合は、育毛剤や育毛シャンプーなどを使用するのも良いでしょう。

分娩後脱毛症にオススメの育毛剤


マイナチュレの育毛剤は、無添加で妊娠中や産後も安心してお使いいただけます。

定期コースなら初回980円と、手ごろな価格でおすすめです。

授乳中のママさんで、育毛剤などの使用に躊躇してしまう方は、無添加の育毛剤や分娩後脱毛症向けの育毛剤がおすすめです。

育毛剤や育毛シャンプーなどを使用しつつ、出来るだけ生活習慣の改善を心がけてみてください。