脂漏性脱毛症の原因とは?症状と自分で出来る対策を紹介します

脂漏性脱毛症の原因とは?症状と自分で出来る対策を紹介します

髪がベタつく、髪がよく抜けるようになった。

と、不安をお持ちではありませんか?

このような症状は「脂漏性脱毛症」かもしれません。

脂漏性脱毛症の症状と原因、自分で出来る対策と治療方法を詳しくご紹介します。

脂漏性脱毛症の症状と原因

脂漏性脱毛症は、症状と原因を理解し、正しい対策をする必要があります。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症は見た目でも頭皮が皮脂でベタベタしており、毛穴に皮脂が詰まっている状態です。
皮脂を取っても、すぐに皮脂が分泌されてしまうのも特徴です。

毛穴の奥まで炎症を起こしているため、抜け毛が多くなり、頭皮が赤くなり、悪化するとフケやかゆみの症状も出てきます。

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎が原因で起こる脱毛症です。

脂漏性皮膚炎とは?

頭皮表面(毛穴など)にいる常在菌「マラセチア菌」が、異常繁殖することにより脂漏性皮膚炎になります。

マラセチア菌は、誰の頭皮にも存在し、皮脂を好み、皮脂に含まれる中性脂肪を分解します。
皮脂が盛んに分泌されることにより、マセラチア菌も異常繁殖し、分解した中性脂肪が肌への刺激となり炎症が起こります。

皮脂の分泌量を増やす原因は、洗髪時の皮脂の洗い残しと生活習慣の乱れです。

皮脂の洗い残しが多いと、マセラチア菌も増殖します。

生活習慣の乱れとは、食生活(脂っぽいものばかリ食すなど)、睡眠不足、ストレスがホルモンバランスを崩し、皮脂の分泌量にも影響を及ぼします。

このような原因で脂漏性皮膚炎になり、抜け毛が増え、脂漏性脱毛症につながります。
しかし、脂漏性皮膚炎になったからといって、すべての人が脂漏性脱毛症になるというわけではありません。

脂漏性脱毛症の自分で出来る対策

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎からくる脱毛症なので、頭皮の炎症を抑えることで予防や改善する可能性があります。

正しいシャンプーのやり方

皮脂の洗い残しとは、シャンプーのすすぎが十分でないことです。
誤ったシャンプーのやり方をしている人が多く、それが原因で頭皮環境を悪化させています。
これは、脂漏性脱毛症に限らず、抜け毛・薄毛に悩んでいる人に多く見られます。

また、使用するシャンプーも刺激が強いものを避け、アミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

・洗髪前にブラッシング

シャンプーをする前は、髪をとかしておきましょう。
髪が絡まった状態でシャンプーをすると、余計に髪が抜けやすくなります。
特に髪が長い人は、丁寧にブラッシングしましょう。

・お湯で汚れを落とす

「シャンプーの泡立ちをよくするために、お湯で流す程度」と思っている方が多いですが、これは間違いです。
ホコリや整髪料の汚れは、お湯で十分落ちます。
シャワーのお湯を頭皮に当てるようにして、優しくマッサージをするように洗い流してください。
シャンプーをつけて洗う時よりも長い時間をかけることがポイントです。
ここでしっかり洗い流せば、シャンプーを使う量も少なく済み、頭皮にも負担がかからなくなります。

・アミノ酸系シャンプーで洗う

シャンプーはそのまま頭皮に付けるのではなく、泡立ててから髪に付けましょう。
爪を立てず、指の腹を使って優しくマッサージするように洗い、頭皮に負担がかからないように短時間で洗いましょう。
最初に、お湯で十分洗い流しているので、シャンプーは残りの汚れを落とすぐらいと思ってください。
時間にすると、お湯で流すのに3分、シャンプーは1分ぐらいで十分です。

・すすぎ

すすぎ残しが頭皮環境の悪化につながりますので、しっかりとすすいでください。
目安は、シャンプーした時間の倍以上の時間をかけてすすぎましょう。
この時も、シャワーのお湯を頭皮に当てるようにしてマッサージしながら流すと、毛穴もすすぎ残しなく流すことができます。

・タオルドライ

タオルでしっかり水気を取りましょう。
ゴシゴシ拭くのではなく、押し当てるように水分を取ります。
タオルドライをしっかりしておくと、ドライヤーの時間を短縮でき、髪の痛みを防げます。

・ドライヤーで乾かす

髪が濡れた状態で放置すると、細菌などの発生の原因になるので必ずドライヤーで乾かしましょう。
髪から20cmぐらい離して、風で髪を乾かすようにして、根元をしっかり乾かしてください。
髪にドライヤーを当てすぎると、ダメージの原因になりますので、根元が乾いたら、髪は9割程度乾かすようにしましょう。

シャンプーは、洗わな過ぎても、洗い過ぎても頭皮環境を悪化させてしまいます。
1日1回、1度のシャンプーで2回洗わないようにしましょう。

生活習慣の改善

脂漏性脱毛症に限らず、抜け毛・薄毛に悩んでいる人は、生活習慣の乱れも大きく影響しています。
生活習慣の乱れがホルモンバランスを崩す原因になり、結果髪にも影響がありますので、生活習慣の見直しも重要になってきます。

・食生活の見直し

脂っこいものや高カロリーな食事は避け、1日3食、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。
アルコールの飲みすぎ、喫煙も控えた方が良いでしょう。

・睡眠をとる

ただ睡眠時間をとるだけでなく、質の良い睡眠を7時間はとるようにしましょう。
就寝前のカフェイン摂取、パソコンやスマホは、質の良い睡眠の妨げになるので、就寝前は避けましょう。

・ストレスを溜めない

ストレスを溜めすぎると、頭皮だけでなく、身体のあらゆるところにも影響を及ぼします。
日ごろからストレスを溜めないようにする、溜まったら発散するなどするように心がけましょう。

脂漏性脱毛症の病院での治療

上記でご紹介したように、自分で対策しても改善が見られない場合は、病院で治療する方法もあります。

早く治したいという方も、病院での治療をおすすめします。
症状にもよりますが、治療にかかる期間は4週間から6週間ぐらいです。

皮膚科で治療が可能で、マラセチア菌の増殖を抑えたり、皮膚の炎症を抑える抗菌剤や抗炎症剤を処方してくれますので受診してみてください。

脂漏性脱毛症は、頭皮の炎症(脂漏性皮膚炎)が原因なので、育毛剤の使用はおすすめできません。
育毛剤は頭皮に刺激を与える可能性があるので、炎症を悪化させる恐れがあります。

ご自分の頭皮の状態が、脂漏性脱毛症の症状に近いと思ったら、まずは自分で出来る対策から始めてみてください。

それでも改善されない、早く治したいという方は、皮膚科に受診してください。