女性の円形脱毛症の原因とは?治療方法も紹介します

女性の円形脱毛症の原因とは?治療方法も紹介します

女性や子供でもなることがある「円形脱毛症」

円形脱毛症の症状と原因、治療方法を詳しく解説します。

円形脱毛症の症状と原因

円形にコイン大の大きさに脱毛してしまう疾患です。

円形脱毛症と聞くと、10円ハゲのような症状を想像しますが、頭皮全体に脱毛が広がってしまったり、眉毛やまつげ、体毛や陰毛にまで及ぶこともあります。

円形脱毛症の主な症状

突然髪が抜け始めた
地肌が見えている部分がある
円形に脱毛していて、生えている部分と脱毛している部分がはっきりしている
髪を引っ張ると、痛み無く抜ける
枕に大量の毛が抜け落ちている

他の脱毛症に比べて、円形脱毛症はこのような特徴があります。

痛み無く髪が大量に抜けたり、明らかに円形に脱毛している場合は、円形脱毛症と疑ってよいでしょう。

症状別に分けると以下のようものがあります。

単発型  豆粒大からコイン大くらいの小さめなハゲが1か所にできる。円形脱毛症の中で一番多い症状。
多発型  2か所以上にハゲができる。何度も繰り返すこともあり、大きくなったり不整形になったりする。
蛇行型  後頭部や側頭部などに、髪の生え際が帯状に脱毛する。
全頭型  頭皮全体の髪の毛が抜けてしまう症状。
汎発型  頭皮だけでなく、眉毛やまつげ、体毛や陰毛などの全身の毛が抜けてしまう症状。

円形脱毛症の原因

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、病気から体を守る免疫系が狂ってしまい、自分自身の体に向かって攻撃してしまうことです。
円形脱毛症の場合、細菌やウイルスなどから身を守る働きのあるリンパ球が、誤認して成長期の毛包を攻撃してしまうことにより毛包が縮んで休止状態になり、脱毛してしまうとされています。
なぜこのような異常が起きてしまうのかは、解明されていません。

ストレス

強い精神的ストレスで円形脱毛症になるともされています。強い精神的ストレスを感じ続けたからといって必ず円形脱毛症になるわけではなく、ストレスがきっかけで発症してしまうケースもあります。

アトピー性皮膚炎

円形脱毛症になった人のうち、40%以上がアトピー性皮膚炎も持っているというデータがあり、関係性があるのではないかとされています。

遺伝

円形脱毛症を発症した人の中に、家族も円形脱毛症がある人もいるので、遺伝で円形脱毛症になる可能性もあると考えられています。

円形脱毛症の治療方法

円形脱毛症は、脱毛部分が小さかったり、範囲が狭い、数が少ない場合は、自然に治ることが多く、気づかないうちに治っていることもあります。

軽度で進行していなければ、病院で治療するなどすれば完治できる可能性があります。

また、ストレスからくる円形脱毛症は、生活習慣の改善なども効果があります。
十分な睡眠とバランスの良い食事、規則正しい生活を心がけてみましょう。

症状が悪化してきたり、何度も症状を繰り返しているようなら、病院で治療を受ける必要があります。

脱毛部分が炎症を起こしていることもあるので、自己判断で育毛剤などを使用せず、医師の指示に従い、飲み薬や塗り薬で治療していきましょう。